数学、電気の勉強始めました!プログラムにも挑戦しています!|ω・)ノ

ねごとめも背景

# ねごとめも

# カウンター

# プロフィール

negotoy

Author:negotoy
電気の勉強始めました!
テキストエディタを使ってプログラミングに挑戦中。
fc2 ブログに公開しているテンプレート等は、自由にカスタマイズして、ご活用ください。
プログラム実行の前に必ずコードの確認をお願いします。

# 最新記事

# カレンダー

12 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

# スポンサードリンク



最近、電気の勉強しないで、暇さえあれば、 javascript って、
感じになってる。( ˘ω˘ )

今回は、最大公約数と最小公倍数を計算するツールを
javascript 作成してみた。

とりあえず、自力で作成して、エラー無く動作することを、一応確認!
最大公約数、最小公倍数を計算するサイトで、
出力結果の答え合わせはしたけど、なんか、微妙な感じ。


最大公約数、最小公倍数を求めるのにはユークリッドの互除法ってのが
あるらしい。

今回は、そのアルゴリズムを使用しないで作成したので、
javascript の処理も、もっさりしているのかもしれない。


今回、作成したプログラムは、
こちらのサイトに公開しています。 → 最大公約数と最小公倍数を求める


{ 最大公約数と最小公倍数を求める 数値の入力 }
整数 :

{ 最大公約数と最小公倍数の結果 }

最大公約数 = ------
- - - - - - -
最小公倍数 = ------
- - - - - - -


電気の勉強しなきゃ。。。_´ω`)_



素因数分解と平方根の再確認です。

テキストボックスに整数を入力して、変換ボタンを押すと、
整数を素因数分解して出力します。
また、整数の平方根を平方根の記号( ルート : √ )付きの形で出力します。

大きな数を入力して実行すると、処理に時間が掛かってしまいました。
なので、上限を 10000 に設定しています。


プログラムは、こちらに引越ししました → { 素因数分解とルートの記号付出力 }

{ 素因数分解の再確認 }
整数 : a =

素因数分解 : a =
平方根 : √a =







平面ベクトルの和と差を少しやりました。٩( ''ω'' )و
電気の数学には空間ベクトルは、使わないのかな?
とりあえず、少し前進。

円の内側クリックでベクトルの足し算と引き算が出来ると思います。


プログラムは、こちらに引越ししました → { 平面ベクトルの和と差 }

{ 平面ベクトルの和と差の再確認 }

0 10 10 -10 -10 20 20 -20 -20 |a| = 0 |b| = 0 |c| = 0
ベクトルの和と差
= a + ( - b )
= b + ( - a )
ベクトル : A( a ) = A( a , a ) = A( 0 , 0 )
ベクトル : B( b ) = B( b , b ) = B( 0 , 0 )
ベクトル : C( c ) = a + b = C( c , c ) = C( 0 , 0 )




前回作成した sinθ を cosθ へ、cosθ を sinθ へ変換するプログラムの修正です。
前回作成したのは、sin cos の前にマイナスの符号がつく処理が出来ていませんでした。
なので、マイナスの符号の処理も追加してみました。
sin, cos のプルダウンメニュークリックで変換が出来る?と思います。
これで正しいのかは謎?>┏( .-. ┏ ) ┓


2017-03-09 : 変換後の角度が第1象限にくるように修正しました!


プログラムは、こちらに引越ししました → { sinθ cosθ の確認と sinθ cosθ の変換 }

{ sinθ, cosθ, の再確認 }

0 π/2 π 3π/2 0 1 1(j) -1 -1(-j) sinθ cosθ + sin( ωt + 0° ) + cos( ωt + 0° ) θ = 0°
角度 θ = ωt = 2πft = 0
a = + sin( ωt + 0° )
sinθ = { ÷ } = 0
b = + cos( ωt + 0° )
cosθ = { ÷ } = 1
sinθ,cosθ 変換
( ωt ° )
変換前:
変換後:
再変換:






電気の勉強を出来る範囲で毎日やるように心がけてる。
計算には、三角関数、対数関数、2次関数、指数、複素数、ベクトル、微分積分等の
数学の理解が必要なようで、、、_´ω`)_
参考書を開いて、頭を抱えてしまった。
数学も苦手というか、簡単な計算さえ、おぼつかない状態に...。
なので、算数から、やり直している。

交流電源の進みと遅れのイメージが掴みにくかったのと、
三角関数の勉強のため、下記を作成してみた。
sin,cos のプルダウンメニュークリックで、サインをコサイン、コサインをサインへ変換できてます?

これであってるのかな?
間違いに気づいたら、ぼちぼち訂正していきます。


プログラムは、こちらに引越ししました → { sinθ cosθ の確認と sinθ cosθ の変換 }


{ コイルの電圧と電流、コンデンサの電圧と電流 }

V I π コイルの電圧と電流 V I π コンデンサの電圧と電流


{ sinθ, cosθ, の再確認 }

0 π/2 π 3π/2 0 1 1(j) -1 -1(-j) sinθ cosθ sin( ωt + 0° ) cos( ωt + 0° ) θ = 0°
角度 θ = ωt = 2πft = 0
sin( ωt + 0° ) sinθ =  ÷  = 0
cos( ωt + 0° ) cosθ =  ÷  = 1
sinθ,cosθ 変換
( ωt ° )
変換前:
変換後:
再変換:



# スポンサードリンク